矯正歯科

通常の矯正治療は、骨格の成長がほぼ完了し永久歯列が出来上がってから治療を開始しますが、顎顔面矯正治療の場合、上顎骨の発育を正常に戻すことが目的なため、早期の治療をお勧めします。
治療が遅れれば、抜歯の確率、ワイヤー装着の必要性、外科処置の必要性が格段に増加することが考えられます。つまり、早ければ早いほど、治療がスムーズに行えます。まずはご相談下さい。矯正相談は無料です。(要予約)

顎顔面矯正とは…

顎顔面矯正とは、発育期の顎の骨やその周りにある柔らかい組織を正常な発育に戻す矯正治療法(1期治療)です。
正常な発育をすれば、本来ならば不正咬合はおこりません。しかし、現代人の不正咬合は60%以上に認められます。(Ito.G et al 1983)
この不正咬合(上顎前突、反対咬合、叢生等)を引き起こす原因のほとんどが、上顎骨(うわあご)の発育不全であることが報告され、急速拡大装置を用いて治療することで、本来の発育に戻すことにより、抜歯をほとんど行わずに、さらには鼻咽腔の発育を促すことで、健康な体の発育に改善することが可能になります。
上顎(うわあご)の発育促進に伴い改善する症状としては、鼻閉、鼻炎、鼻中隔湾曲症、アデノイドや扁桃肥大、アトピー性皮膚炎、姿勢、喘息、中耳炎、いびき、鼻血が出やすい等の改善が期待できます。

顎顔面矯正とは…

歯のサイズが大きくなり、また、顎の骨が小さくなっていることからも不正咬合が増加しています。さらには、上顎骨(うわあご)の発育が不全なことからも、顔貌や頭蓋骨のレントゲン撮影は非常に重要となる場合があります。

インビザライン矯正による症例

痛みはありますか?
個人差はありますが、多少の圧迫感があります。成長のピークを超えると痛みがある場合があります。
食事は可能ですか?
装着初期には不慣れなため、食事が難しいことがあります。しかし、低年齢の場合には適応能力が高い為、大きな問題にはなりません。
発音の影響は?
“た行”の発音に影響がでます。しかし、舌の機能を正常にする事が可能になる為、ご理解下さい。
取り外しはできますか?
ご自宅では取り外すことはできません。装置の脱着は当院で行います。
歯磨きの仕方は?
歯ブラシのみでは、装置と歯の隙間の汚れを取るのは困難なので、ワンタフトブラシなどの補助用具の併用をおすすめします。当院でも歯磨き指導を行っております。

治療期間

6〜9歳までの場合
上顎、下顎の装置を製作、固定して約1年で終了します。その後、12歳臼歯が生え揃うまでの期間は、治療経過を見ながら必要な場合は引き続き装置を装着しバランスのとれた永久歯列を目指します。
但し、開始年齢が成長のピーク(骨年齢)を過ぎた場合には期間が長くなることがあります。
※上顎骨劣成長(中顔面部の嵌凹)の場合には約2〜3年。通院は装置装着後2〜4週間に1度となります。

10歳以降の場合
上記と同様に治療は可能ですが、治療期間がかかる場合があります。また、歯の外側にワイヤーを装着する2期治療が必要な場合があります。

治療費

・矯正診断料(乳歯混合歯列) 0yen
・矯正基本料(1期治療) 420,000yen
※トータルフィーの為、それ以外の費用はかかりません。
・上顎骨劣成長(中顔面部の嵌凹) +105,000yen
・FKO(かみ合わせの修正が必要な場合) 31,500yen
※メタルブラケットが必要な場合には、別途費用がかかります
・正中口蓋縫合分離術 105,000yen

顎顔面矯正による症例

【男性7才】上顎劣成長による反対咬合

【女性11才】上顎劣成長による叢生

矯正歯科のトップへ