マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)について

  • ホーム
  • マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)について

手軽に理想の歯並びを実現できる矯正装置「マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)」

手軽に理想の歯並びを実現できる矯正装置「マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)」

「マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)」は透明な素材でつくられたマウスピースで、近づいてみてもほとんど違和感がないのが特徴です。マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)では、患者さんのお口のデータをもとに設計・作製されたマウスピース使用します。従来の矯正治療のようにずっと装置をつけ続けるのではなく、毎日決められた時間装着するだけ。2週間ごとに交換することで、歯を動かしやすくします。

歯並びに悩んでいたものの、見た目が気になってなかなか踏み出せなかった方は、ぜひご検討ください。金沢の歯医者「金沢25歯科・矯正歯科」が、お悩みの解消をサポートします。

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)が選ばれる理由

矯正の経過を確認できる

従来の矯正治療は、数年続けてようやく効果を実感できました。しかしマウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)は、矯正による歯の動きをシミュレーションしてチェックできるという特徴があります。そのため、治療前の段階で矯正の効果を把握しやすくなります。

自然な見た目

薄く透明なプラスチック製なので、近づいて見てもマウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)は装着していることがほとんどわからないほど目立ちません。さらに、従来の矯正装置のようにワイヤーに食べ物などがはさまることもないため、見た目の悩みがなくなります。

いつでも取り外せる

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)はマウスピース型の矯正装置なので、いつでも取り外すことができます。そのため食事やブラッシングなどの際は外すことができ、マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)自体の洗浄も簡単に行えます。いつでも清潔に使えるので、虫歯や歯周病のリスクも下げられます。

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)はこんな方におすすめ

  • 従来のワイヤーを使った矯正装置は使いたくない方
  • 矯正装置をつけたまま食事やブラッシングをしたくない方
  • 人前に出ることが多い職業(営業職・接客業・モデル・アナウンサー)の方
  • 用法を守って毎日の装着を継続できる方
マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)はこんな方におすすめ

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)の実績

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)の実績 画像01

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)は、現在世界100ヵ国以上の国々で採用されている矯正システムです。治療を受けている患者数は、520万人以上(2018年1月時点)。豊富な実績を持ち、多くの方に選ばれる安全・安心な治療法です。

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)症例紹介

19歳女性

治療前

  • 19歳女性 治療前01
  • 19歳女性 治療前02
  • 19歳女性 治療前03

治療後

  • 19歳女性 治療後01
  • 19歳女性 治療後02
  • 19歳女性 治療後03
診断 叢生(歯のがたつき)、開咬(歯が噛み合っていない)、側方偏位(下あごが横にずれている)
治療方針 マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)システムにて歯のがたつきを改善しながら、上下のかみ合わせを確立します。また、上下の歯の駐豪ができるだけ一致するように下あごを右側に動かします。動的治療後に保定を行います。
治療費 86万8,910円(検査、診断、毎回のチェック量、保定装置を含む料金)
治療期間 4年3カ月
リスク 1日20時間以上マウスピースを使用できない場合、歯が動かない可能性があります。上下の歯の中央のずれが大きいため、最終的に一致しない可能性があります。

38歳女性

治療前

  • 38歳女性 治療前01
  • 38歳女性 治療前02
  • 38歳女性 治療前03

治療後

  • 38歳女性 治療後01
  • 38歳女性 治療後02
  • 38歳女性 治療後03
診断 開咬(上下の歯が噛み合ってない状態)
治療方針 マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)システムにて奥歯の圧下(下に沈めること)、前歯の挺出(噛み合うように出すこと)を組み込んだ動的矯正治療を行い、理想的な噛み合わせを確立した後、保定を行います。
治療費 100万2,640円(検査、診断、毎回のチェック量、保定装置を含む料金)
治療期間 4年3カ月
リスク 1日20時間以上マウスピースを使用できない場合、歯が動かない可能性がある。舌の動かし方に問題がある可能性があるので、舌の動かし方を改善しないと後戻りしやすいと考えられます。

37歳男性

治療前

  • 37歳男性 治療前01
  • 37歳男性 治療前02
  • 37歳男性 治療前03

治療後

  • 37歳男性 治療後01
  • 37歳男性 治療後02
  • 37歳男性 治療後03
診断 空隙歯列(歯の間に隙間がある状態)、上顎前突(いわゆる出っ歯)、過蓋咬合(かみ合わせが深く下の前歯があまり見えない状態)
治療方針 マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)システムにて上顎の前歯を後ろに下げながら、歯と歯の隙間を閉鎖する。また、下の前歯を圧下(歯肉に沈める方向に動かす)して、過蓋咬合を改善する動きを組み込んだ動的治療を行い、理想的な噛み合わせを確立した後、保定を行います。
治療費 92万7,550円(検査、診断、毎回のチェック量、保定装置を含む料金)
治療期間 4年3カ月
リスク 1日20時間以上、マウスピースを使用できない場合、歯が動かない可能性があります。上の前歯を大きく後ろに下げる力をかけると奥歯の噛み合わせが弱くなることがあるため、その点に注意しながら治療を進めてきます。

12歳男性

治療前

  • 12歳男性 治療前01
  • 12歳男性 治療前02
  • 12歳男性 治療前03

治療後

  • 12歳男性 治療後01
  • 12歳男性 治療後02
  • 12歳男性 治療後03
診断 上顎前突(いわゆる出っ歯)
治療方針 マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)システムにて上の奥歯をまず後ろに移動させ、その後上の前歯を後ろに下げて、上顎前突を改善します。咬合状態を改善した後、保定を行います。
治療費 86万8,910円(検査、診断、毎回のチェック量、保定装置を含む料金)
治療期間 1年4カ月
リスク 1日20時間以上、マウスピースを使用できない場合、歯が動かない可能性がある。上の奥歯が後ろに移動しない場合は、小臼歯の抜歯が必要となる可能性がある。上の前歯を大きく後ろに下げる力をかけると奥歯のかみ合わせが弱くなることがあるので、その点に注意しながら治療を進めます。

15歳女性

治療前

  • 15歳女性 治療前01
  • 15歳女性 治療前02
  • 15歳女性 治療前03

治療後

  • 15歳女性 治療後01
  • 15歳女性 治療後02
  • 15歳女性 治療後03
診断 叢生(歯のがたつき)
治療方針 マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)システムにて歯のがたつきを除去し、理想的な噛み合わせを確立した後、保定を行います。
治療費 86万5,200円(検査、診断、毎回のチェック量、保定装置を含む料金)
治療期間 1年
リスク 1日20時間以上、マウスピースを使用できない場合、歯が動かない可能性があります。