ワイヤー矯正

ワイヤー矯正とは

ワイヤー矯正 ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は以前から用いられている最も一般的な治療法で、骨格的な不具合を除くほぼすべての症例に対応できます。

歯に「ブラケット」という金属、プラスチック、セラミックなどでできている装置を付け、そこに形状記憶合金でできている「ワイヤー」を通します。 歯につけたブラケットにワイヤーを結びますが、その際形状記憶合金のワイヤーが元の形に戻ろうとする力を利用する、もしくは歯科医師がワイヤーを曲げることにより発生するしなりを利用して歯を動かしていきます。

歯の動きに合わせて月に1度程度ワイヤーのサイズを変更する、もしくはワイヤーの形を調整しながら、少しずつ歯を動かして歯を理想の位置に近づけていきます。

ワイヤー矯正の種類

表側矯正

ワイヤー矯正は以前から用いられている最も一般的な治療法で、骨格的な不具合を除くほぼすべての症例に対応できます。
また費用も割安に設定されていることが多いです。デメリットとしては表にワイヤーが見えるため審美的にはマウスピース矯正、裏側矯正には劣ります。

裏側矯正

裏側にブラケットとワイヤーを通すことで治療していきます。表側から見えないので見た目が良い点がメリットですが、デメリットとしては技術的に難しいため、治療に当たれる歯科医師が限られている点と、材料代・調整料金が割高になる点です。

現状見た目の良い矯正治療として裏側矯正に替わり、マウスピース矯正が主流になりつつあります、現在自院では行っておりません。

ハーフリンガル矯正

上顎のみ裏側矯正、下顎は表側矯正といった組み合わせです。通常上の歯の方が下の歯よりもよく見えるため、そちらのみ裏側矯正で行うことで、見た目の良さと治療の行いやすさの両方をカバーしています。 裏側矯正と同様現在自院では行っておりません。

マウスピース矯正との違い

現在自院ではあらかじめ資料取りを行い、診断をしたうえで治療方法のご提案をしており、診断内容によってはマウスピース矯正をご提案できない場合もあります。
現状の私の意見としては歯を抜かない矯正治療に関してはワイヤー矯正もマウスピース矯正も治療期間や成果に大きな差はないかと感じますが、抜歯を伴う矯正に関してはワイヤー矯正の方が治療期間の短さや治療結果の得やすさなどメリットが多いように感じています。

また、ある医院さんで抜歯のワイヤー矯正で診断された方が、別の医院さんではマウスピース矯正で抜歯は必要ないと診断されたなどのこともあります。
患者様それぞれ条件は違いますので一概にどちらが正解とは言い難いですが、その治療方法を歯科医師が選択した根拠などを詳しく聞いていただいた方が良いかと思います。

クローズドコイルの使用

当院では、通常のワイヤー矯正にクローズドコイルという専用のバネを使っています。
バネの収縮する力を利用して、歯に一方向に一定の力を継続的にかけることで歯の動きを良くする治療で、治療期間の短縮が見込まれます。当院では多くの症例経験のある専門医の協力を受けつつ診療にあたっています。

マウスピース矯正担当医

院長
名前 下谷 誠
略歴 広島県出身
2003年  広島県立安古市高校 卒
2007年  信州大学 工学部 卒
2011年  岡山大学 歯学部 卒
2011年  医療法人社団健生会 相互歯科 研修
2012年  広域社団法人 石川勤労者医療協会
城北歯科勤務
2018年  金沢25歯科・矯正歯科 院長就任
学会 アライン社認定 インビザラインドクター
日本矯正歯科学会
日本小児歯科学会
日本成人矯正歯科学会
日本歯周病学会
日本口腔インプラント学会
スタディグループ 北陸SJCD
愛矯会
顎顔面矯正ベーシックコース
JIPI
松浦 悠貴
名前 松浦 悠貴
略歴 1985年 8月3日 静岡県出身
2004年  静岡県立磐田南高校 卒業
2011年  岡山大学歯学部 卒業
趣味 料理、食べ歩き
紹介 大学卒業後、矯正専門歯科医院にて1300症例以上の治療実績があります。
主にワイヤー矯正の診断、技術提供をしてもらっています。