インプラント・入れ歯・ブリッジ

  • ホーム
  • インプラント・入れ歯・ブリッジ

失った歯は、すぐに補うことが重要です

失った歯は、すぐに補うことが重要です

事故などで歯を失ってしまった、虫歯が悪化して歯が抜けてしまった……。

そのような場合、前歯のように目立つ箇所はすぐに治療する方がほとんどです。しかし、奥歯のように目立たない部分はすぐに治療しない方もいらっしゃいます。歯は、お口まわりだけでなく全身の筋肉のバランスにも大きな影響を与えています。たとえ1本でも失った歯をそのまま放置すると、身体にさまざまな不調が出る可能性もあるのです。

金沢の歯医者「金沢25歯科・矯正歯科」では、インプラントや入れ歯、ブリッジを使用して失ってしまった歯の機能を補う治療を行っています。歯を失ってしまった場合は、できるだけ早くご相談ください。

失った歯の機能を回復する治療

インプラント
インプラント 歯を失った部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込む治療法です。インプラントの上にセラミック製の人工歯を被せるため、自然に仕上がります。
入れ歯
入れ歯 1本~すべての歯まで、失った歯の本数に合わせて補える治療法です。作製した義歯をバネなどで装着するタイプのほか、バネを使用しない審美性に優れたものもあります。
ブリッジ
ブリッジ 横並びに1~数本の歯を失った場合に行う治療法です。両脇に残った歯を削って支えにして、連なった人工歯を被せます。セラミックを使用することで、自然に仕上げることができます。

インプラント専用手術室

当院では、現代インプラントのスタンダードであるインプラントシステム「ノーベルガイドシステム」を使用しています。このシステムを使用するためにはインプラント治療専用の手術室が必要です。当院では安全・安心のインプラント治療を行うために、専用の手術室をご用意しています。

インプラント手術モニタリング

インプラント手術録画システム

当院のインプラント専用手術室には、手術室の天井に手術撮影用の可動アームが設置され、その先端に取り付けられている業務用ハイビジョンカメラで、まるで執刀医のような目線で撮影することができます。手術中は常にモニタリングし、治療精度の向上に活用されています。

インプラントカウンセリングスペース

インプラントカウンセリングルーム

カウンセリングルームでは、モニター2機に患者さんの口腔内の映像と3DのCT画像が表示されます。患者さん自身のお口の状態について丁寧にご説明し、インプラントシミュレーションソフトとノーベルガイドの2種類のソフトでインプラント治療のシミュレーションを行います。

固定ブリッジによるインプラント治療

当院では、部分的に歯を失った場合でも歯をすべて失った場合でも対応できる固定ブリッジを使用したインプラント治療を行っています。

すべての歯が失われたケース
1.診断 2.インプラント埋入
1.診断 2.インプラント埋入
患者さんの症状を診断し、今後の治療手順に必要な準備を行います。 インプラントを埋入することで、失った歯根を修復します。この際に仮の歯を装着するため、当日から通常通りの生活が可能です。
3.新しい歯の装着 4.治療完了
3.新しい歯の装着 4.治療完了
インプラントにブリッジをしっかりと装着します。すべての歯が失われたケースの場合、装着が完全に終了するまで2~3回の受診が必要です。 天然の歯とほとんど見分けがつかない見た目と機能が得られます。入れ歯からインプラントに変えた患者さんの多くが、予想以上の効果が得られたと話しています。
部分的に歯が失われたケース
1.診断 2.インプラント埋入
1.診断 2.インプラント埋入
部分的に歯が欠損している場合、治療法の一つとして考えられるのが、インプラントを支台にしてブリッジを固定する方法です。 インプラントを埋入することで、失った歯根を修復します。この際に仮の歯を装着するため、当日から通常通りの生活が可能です。
3.ブリッジの装着 4.治療完了
3.ブリッジの装着 4.治療完了
インプラントが顎の骨と結合したら、ブリッジをしっかりと装着します。インプラントの埋入から3~4ヶ月後に行うのが一般的です。 ブリッジはインプラントによって顎の骨に固定されているため、何でも好きなものを食べられるようになります。